ニュース
仕事
会社概要
Diagrams maps pictgrams

Identity Design
Infomation Design
Promotion Design
Product Design
Environmental Design





ndcgraphics

SITEMAP

モノの誕生を支援するデザイン
Design Helps Creation of Things


溢れるモノとモノの沈黙の交差のなかで、自らのアイデンティティを主張するのに、パッケージの果たす役割は大きい。身にまとう衣服が、裸の身体を単に保護するのみならず、その人そのものを語るように、パッケージによってその中身が何モノであるかを外界へコミュニケーションすることができる。
モノの誕生は名付けることに始まる。カタチの定まらなかったモノが、名を得て突然に生き生きと輝き、名にふさわしい風貌を身に備える。その出自を表す「家紋」やヒストリーをまとい、モノはパッケージを介して、自らの存在をアピールする。パッケージデザインは、これら一連の生誕行為に適切なカタチを与え、モノのアイデンティティを創出する知的作業だ。自己を確立したモノは、その衣装と一体となって言語を発信しつづける。沈黙の世界のコミュニケーション装置として、パッケージが機能する。

Where a flood of things crisscross in silence, package plays an important role in claiming their identities. Just as clothes worn by a man not only protect his body but also tell about the man himself, package can communicate to the outer world what the inner substance is. Birth of things begins with naming. A thing with a form unsettled begins to shine vividly all of a sudden as it gets its name, and is equipped with features appropriate to the name. The thing gets its appeal via the package, wearing the brand or history which represents its origin. Package-designing is an intellectual activity which helps to create things. The thing with self-identity goes on sending messages together with its costume, the package. Thus, package serves as a communication system for the silent world.