ニュース
仕事
会社概要

13 メゾネット

back next


リヨンの洋菓子ブランド
「セバスチャン・ブイエ」
ビジュアル・アイデンティティ

ヨコハマトリエンナーレ2017の
認定ショップ
SHOPトリエンナーレ2017 オープン

情報をデザインするということ
インタビュー掲載
光村図書出版 公式チャンネル
2017年5月15日

デザイナー 中川憲造のヒミツ
創造都市横浜のウェブサイトマガジン
2017年5月27日

ピクトグラム制作についてインタビュー掲載
「読売新聞」2017年5月9日号

大きなテーブルの小さな展覧会
「パチリ・ワンデイ展」

事務所見学もできます!
「パチリ・ワンデイ展」のお知らせ

新しいチョコレートブランド
「chocolat beauté(ショコラ・
ボーテ)」

ブルーダルの
LINEスタンプ

バラエティ番組のための
学校のピクトグラム

新洋菓子ブランド
「白金堂」総合プロデュース

ヨコハマ・ポップス・オーケストラ

ポーランドポスター'50-'60展

掲載されました
「Yokohama Seasider」2012年5月号

掲載されました
「Business i.」2012年5月3日号

大河ドラマ50のご当地版モノポリー&
オフィシャルグッズ

オープン・スタジオのお知らせ

ヨコハマトリエンナーレ2011 周回バス

平山煙火の花火ポストカード

横浜グラフィックアート・
ポスターシリーズNo.3
勝井三雄 横浜マリンタワー

横浜版モノポリー

食材ピクトグラム

横浜市開港記念会館
ステンドグラス修復記念誌「甦る光」

(社)日本自動車連盟
入会促進新聞広告キャンペーン
「困ったときも、ハッピーなときも。」

日本初の国産石鹸の復刻版
「磯右エ門SAVON」

クレイジーケンバンドとコラボレーション
新ブランド「イイネ!Yokohama」

医療看護支援ピクトグラム

リラクゼーショングッズ開発

geobox「化石チョコレート」発売

公式横浜ベイシティ交通マップ

大回顧展・モネ オリジナルグッズ開発



中川憲造のエッセイ

15 ペルリ来航のデザイン

14 みやげ

13 メゾネット

12 板チョコレートの進化形

11 ごみ箱のデザイン

10 地ビール

09 アンペルマン

08 仕事場の魅力度

07 都市地図

06 知識の庫としてのマガジン

05 ミニ・ミュージアム

04 無線綴じ

03 ベシェ珈琲店

02 天気予報

01 ソファ&テレビ



ndcgraphics

SITEMAP

音楽用語にもありそうな、気持ちのいい語感をしているmai sonet teは「小さなmai son」のこと。19世紀のフランスで使われはじめた言葉だ。英国では家の一部を独立生活もできるようにして貸す貸室のことをいい、借り主にとっては「小さいながらも我が家」となる。二階家の1階と2階を棲み分けたのだろう、と想像できる。田園の郊外生活ののどかさもいいが、都市の活気のなかの生活も捨てがたいと、人は都市をめざす。都市の魅力はあらゆるものが混在し交差する集積度にあると思うが、住居もタテに重なり、ヨコに連なって都市の景観を形成し密度を高めてきた。

集合住宅の歴史は古代ローマの7〜8階建ての高層アパートにはじまるといわれる。日本では12世紀の平安時代に「町屋」があらわれた。産業の勃興は人口を求め、そこに集積した人々によって活気ある文化を生みだしていく。「住居」も都市の様相にふさわしいものに工夫されて変化してきた。産業革命後の人口の急激な都市集中は、画一的な集合住宅の建設で凌ぐことからはじまったが、世界各地の都市で実験的な集合住宅も次々と建てられた。アパートメント、フラット、マンション、コンドミニアム、メゾンなど、名は違ってもどれも集合住宅の工夫の産物である。オーストリアの「カール・マルクス・ホーフ」や、ル・コルビュジェの「ユニテ・ダビタシオン」などの傑作も生みだした。

巨大化した都市は、もっとも大切な生活の場である私たちの住居を窮屈にしてきた。かといって遠くの戸建てもはばかられる私たちの工夫の先を、いまも京都や城下町に残る集合住宅の原点でもある「町屋」の魅力に学びたい。メゾネットは「西洋長屋」様式として、集合住宅でありながら、二つの階にまたがるその居住空間は変化に富む。高層住宅でも廊下などの共同部分面積を減らし、住棟の断面構成に変化を与えて外観を豊かにすることができる。

都心に林立する超高層住宅を眺めながら、いまの私たちにふさわしい住まいのカタチを考える。住居は家族と社会、コミュニティを形成する核となるもの、生活の根源的な様相や文化を醸成するもっとも大切な「人の拠点」といえる。気に入らない、用済みだといって使い捨てることもできない。個人の見識だけではとてもその善し悪しは判断できないけれど、住宅を「商品」にしてはいけないとは思う。「地に足のついた」戸建ての魅力と、隣家と壁を接することで得られる集積度の良さを合わせ持つ、3〜5層のデザイン性豊かなメゾネット住宅を、もっと都市に混在させることはできないものだろうか。

タイポグラフィックス・ティー 第252号 再録
発行:NPO法人 日本タイポグラフィ協会


essay
maisonetteの原義は<小さい家>のこと。
フランス語の家: maison と小さい: ette がひとつになったことば。
maisonnetteとも綴る。
現在では主として、共同住宅で住戸が複数階にわたる形式を指す。
高層の共同住宅では、片廊下型フラットにすると
廊下などの共同部分面積比が大となるが、
メゾネットでは廊下を1〜2階おきに設置することで
その面積を減らすことができる。

 

 

back next