ニュース
仕事
会社概要

12 板チョコレートの進化形

back next


ヨコハマトリエンナーレ2017の
認定ショップ
SHOPトリエンナーレ2017 オープン

情報をデザインするということ
インタビュー掲載
光村図書出版 公式チャンネル
2017年5月15日

デザイナー 中川憲造のヒミツ
創造都市横浜のウェブサイトマガジン
2017年5月27日

ピクトグラム制作についてインタビュー掲載
「読売新聞」2017年5月9日号

大きなテーブルの小さな展覧会
「パチリ・ワンデイ展」

事務所見学もできます!
「パチリ・ワンデイ展」のお知らせ

新しいチョコレートブランド
「chocolat beauté(ショコラ・
ボーテ)」

ブルーダルの
LINEスタンプ

バラエティ番組のための
学校のピクトグラム

新洋菓子ブランド
「白金堂」総合プロデュース

ヨコハマ・ポップス・オーケストラ

ポーランドポスター'50-'60展

掲載されました
「Yokohama Seasider」2012年5月号

掲載されました
「Business i.」2012年5月3日号

大河ドラマ50のご当地版モノポリー&
オフィシャルグッズ

オープン・スタジオのお知らせ

ヨコハマトリエンナーレ2011 周回バス

平山煙火の花火ポストカード

横浜グラフィックアート・
ポスターシリーズNo.3
勝井三雄 横浜マリンタワー

横浜版モノポリー

食材ピクトグラム

横浜市開港記念会館
ステンドグラス修復記念誌「甦る光」

(社)日本自動車連盟
入会促進新聞広告キャンペーン
「困ったときも、ハッピーなときも。」

日本初の国産石鹸の復刻版
「磯右エ門SAVON」

クレイジーケンバンドとコラボレーション
新ブランド「イイネ!Yokohama」

医療看護支援ピクトグラム

リラクゼーショングッズ開発

geobox「化石チョコレート」発売

公式横浜ベイシティ交通マップ

大回顧展・モネ オリジナルグッズ開発



中川憲造のエッセイ

15 ペルリ来航のデザイン

14 みやげ

13 メゾネット

12 板チョコレートの進化形

11 ごみ箱のデザイン

10 地ビール

09 アンペルマン

08 仕事場の魅力度

07 都市地図

06 知識の庫としてのマガジン

05 ミニ・ミュージアム

04 無線綴じ

03 ベシェ珈琲店

02 天気予報

01 ソファ&テレビ



ndcgraphics

SITEMAP

チョコレートはもともと飲料だった。アガサ・クリスティの推理小説に登場する名探偵エルキュール・ポワロ氏は、このチョコレートを飲みながら事件解決の推理をしている。難題を解くのに、チョコレートの甘い香りと苦い味の、矛盾した刺激が彼の「灰色の脳細胞」を活性化させていたのだろう。古代のアメリカ大陸・ナワ族のことば「にがい水・xocoatl」が、のちにヨーロッパへ伝わりチョコレートとなった。原料のカカオ豆はコロンブスがスペインへ持ち帰ったが、飲用チョコレートの製造をはじめたのはイタリア人のカレッティで1607年のこと。1657年にはロンドンに住むフランス人がチョコレートを売り出し、その後ヨーロッパ全域にチョコレートを飲ませるカフェが広まった。

カカオの果実の中には50粒ほどの種子があり、これを取りだし発酵・乾燥させたカカオ豆がチョコレートの原料となる。時間をかけて挽くことを繰り返し、あの芳純な香りのする液状のチョコレートとなる。ココアはこのチョコレートの元から脱脂して飲料としたもの。1828年オランダのバンホーテン社がこの「粉末チョコレート」の特許をとって製造をはじめた。1847年にはイギリスのフライ社が液状のチョコレート(カカオ・マス)に砂糖を加えたものを、1875年にはスイスのネッスル社が砂糖・香料・粉乳を混入したミルクチョコレートを発表して、固形化されたチョコレートは、板チョコ商品として完成される。

essay

ひとつの製品の歴史は単純に進化しているというわけではない。そこには「商品」としての魅力を強引に引き出しながら、消費されるために姿を変えていく。ペースト・粉末・液体・固形と変遷したチョコレートも、買ってすぐに食べることができ、携行に便利な「板チョコレート」にと、変化してきたと言える。そしていま、このチョコレートの特質を活かした「立体成型物」として変化の先を進めている。

彫刻素材に「セッコウ」があるが、粉末を水に溶いて型に流し込むと、固まって石のようになる。チョコレートの製造工程も、練り込んだ液状素材が弁当箱大のポリカーボネート製の雌型に流し込まれて、冷えて固まる。チョコレートをセッコウのようなモノと考えれば、変幻自在にいろいろな立体物をつくり出すことができるわけだ。菓子であって菓子でない、菓子以上のものという板チョコの進化形が、チョコレート工場から出荷されている。タワーになったり、重なるばらの花びらだったり、自動車や靴に姿をかえて、私たちの眼をたのしませる。化石標本のレプリカはセッコウでつくられるが、こんどはこれをチョコレートでつくってしまった。食べる前によーく観察してね、とパンフレットが語る。化石標本であって化石標本でない。チョコレートのあたらしい、たのしい役割がはじまっている。

タイポグラフィックス・ティー 第251号 再録
発行:NPO法人 日本タイポグラフィ協会


essay

 

 

back next