ニュース
仕事
会社概要

11 ごみ箱のデザイン

back next


ヨコハマトリエンナーレ2017の
認定ショップ
SHOPトリエンナーレ2017 オープン

情報をデザインするということ
インタビュー掲載
光村図書出版 公式チャンネル
2017年5月15日

デザイナー 中川憲造のヒミツ
創造都市横浜のウェブサイトマガジン
2017年5月27日

ピクトグラム制作についてインタビュー掲載
「読売新聞」2017年5月9日号

大きなテーブルの小さな展覧会
「パチリ・ワンデイ展」

事務所見学もできます!
「パチリ・ワンデイ展」のお知らせ

新しいチョコレートブランド
「chocolat beauté(ショコラ・
ボーテ)」

ブルーダルの
LINEスタンプ

バラエティ番組のための
学校のピクトグラム

新洋菓子ブランド
「白金堂」総合プロデュース

ヨコハマ・ポップス・オーケストラ

ポーランドポスター'50-'60展

掲載されました
「Yokohama Seasider」2012年5月号

掲載されました
「Business i.」2012年5月3日号

大河ドラマ50のご当地版モノポリー&
オフィシャルグッズ

オープン・スタジオのお知らせ

ヨコハマトリエンナーレ2011 周回バス

平山煙火の花火ポストカード

横浜グラフィックアート・
ポスターシリーズNo.3
勝井三雄 横浜マリンタワー

横浜版モノポリー

食材ピクトグラム

横浜市開港記念会館
ステンドグラス修復記念誌「甦る光」

(社)日本自動車連盟
入会促進新聞広告キャンペーン
「困ったときも、ハッピーなときも。」

日本初の国産石鹸の復刻版
「磯右エ門SAVON」

クレイジーケンバンドとコラボレーション
新ブランド「イイネ!Yokohama」

医療看護支援ピクトグラム

リラクゼーショングッズ開発

geobox「化石チョコレート」発売

公式横浜ベイシティ交通マップ

大回顧展・モネ オリジナルグッズ開発



中川憲造のエッセイ

15 ペルリ来航のデザイン

14 みやげ

13 メゾネット

12 板チョコレートの進化形

11 ごみ箱のデザイン

10 地ビール

09 アンペルマン

08 仕事場の魅力度

07 都市地図

06 知識の庫としてのマガジン

05 ミニ・ミュージアム

04 無線綴じ

03 ベシェ珈琲店

02 天気予報

01 ソファ&テレビ



ndcgraphics

SITEMAP

りんご箱がごみ箱だった時代を思い出す。昭和30年代の「私たちのレトロ」な時代の風景に、素朴な木製の四角いごみ箱が懐かしい。箱の中身はといえば、つつましやかな台所ごみがほとんどだったろう。昭和39年(1964)の東京オリンピックを機に街の美化運動がはじまり、りんご箱は当時のモダン「ポリバケツ」にとり替わっていく。自治体の重要事業として、近代的な焼却炉が建設され、ごみを収集する清掃車が出現する。これまでの劣悪な作業環境が改善されていくのもこのころだ。

物のくず、つまらないもの、無用のもの、不要になったものがごみ。ごみは役に立たないものとして、捨て置かれるものにすぎなかった。ごみの中身が何であるかは最近の関心事であって、もともとごみは「ちり・あくた・ほこり」の類いで、川に捨てられたり、埋め立てることがほとんど。近世、日本来航のポルトガル人が採集した日本語を載せた「日葡辞書」では、ごみのことを水にまじっている泥、川や海の底の泥としている。

都市の周辺に「泥」として捨て置けばよかった時代と違って、こんにちの都市はごみのスマートな解決を求められている。美しい都市景観のために、電線の地中化をと言われて久しいが、歩道に積み上げられたごみ収集日のごみ袋の山はどうなのか。私たちの身の回りに「デザイン」があふれているのとは対照的に、ごみ箱のデザインに現代社会は無頓着すぎる。人が集落を形成すれば、必ず生活や活動の排泄物が発生する。これをどう処理するかは、その集落形成者の文化のありようをあらわす。ごみの問題解決は、自治体の最もたいせつな仕事のひとつである。

essay
集合住宅のごみ集積所コンテナのための分別ステッカー用ピクトグラム
左・家庭ごみ[台所ごみ・燃やすごみ]
右・プラスティック製容器包装
Design : 中川憲造 + 延山博保 / Infogram 2008

「日本のごみ箱、パリのごみ箱。それは市長の姿である」といったのは、「パリの護美」という著作でパリ市の先進的なごみのデザインマネジメントを紹介した小谷育弘氏。1980年代から始まったパリ市の「グリーンプロジェクト」は、清掃用具・ユニフォームから清掃車、広報のあり方までデザインマネジメントするもので、ごみ問題をエモーショナルに解決する都市の鑑となっている。こんにちの資源としてのごみを先取りする「分別のデザイン」事例にも学ぶものは多い。

街を美しく、と啓発する看板が汚いものだったり。街を静かに、という呼びかけが騒音になっていたりということがよくある。ごみを収納して、美しい環境を作りだすはずのごみ箱を、ごみにしないでほしい。ごみ箱のデザインは、「ごみの未来」の出発点でもある。

タイポグラフィックス・ティー 第250号 再録
発行:NPO法人 日本タイポグラフィ協会


essay
まちのごみ箱、うちのごみ箱
横濱まちづくり倶楽部発行 「まちづくり101の提案カード」から
公共空間のごみ箱と家庭内のごみ箱のデザインを揃えることにより、
分別やリサイクルに対する意識を育てる。
デザインの統一は、捨てることのみならず回収・処理作業も単純化。
Photograph : 飯田善彦 / IAS Paris 2006

 

 

back next