ニュース
仕事
会社概要

10 地ビール

back next


ヨコハマトリエンナーレ2017の
認定ショップ
SHOPトリエンナーレ2017 オープン

情報をデザインするということ
インタビュー掲載
光村図書出版 公式チャンネル
2017年5月15日

デザイナー 中川憲造のヒミツ
創造都市横浜のウェブサイトマガジン
2017年5月27日

ピクトグラム制作についてインタビュー掲載
「読売新聞」2017年5月9日号

大きなテーブルの小さな展覧会
「パチリ・ワンデイ展」

事務所見学もできます!
「パチリ・ワンデイ展」のお知らせ

新しいチョコレートブランド
「chocolat beauté(ショコラ・
ボーテ)」

ブルーダルの
LINEスタンプ

バラエティ番組のための
学校のピクトグラム

新洋菓子ブランド
「白金堂」総合プロデュース

ヨコハマ・ポップス・オーケストラ

ポーランドポスター'50-'60展

掲載されました
「Yokohama Seasider」2012年5月号

掲載されました
「Business i.」2012年5月3日号

大河ドラマ50のご当地版モノポリー&
オフィシャルグッズ

オープン・スタジオのお知らせ

ヨコハマトリエンナーレ2011 周回バス

平山煙火の花火ポストカード

横浜グラフィックアート・
ポスターシリーズNo.3
勝井三雄 横浜マリンタワー

横浜版モノポリー

食材ピクトグラム

横浜市開港記念会館
ステンドグラス修復記念誌「甦る光」

(社)日本自動車連盟
入会促進新聞広告キャンペーン
「困ったときも、ハッピーなときも。」

日本初の国産石鹸の復刻版
「磯右エ門SAVON」

クレイジーケンバンドとコラボレーション
新ブランド「イイネ!Yokohama」

医療看護支援ピクトグラム

リラクゼーショングッズ開発

geobox「化石チョコレート」発売

公式横浜ベイシティ交通マップ

大回顧展・モネ オリジナルグッズ開発



中川憲造のエッセイ

15 ペルリ来航のデザイン

14 みやげ

13 メゾネット

12 板チョコレートの進化形

11 ごみ箱のデザイン

10 地ビール

09 アンペルマン

08 仕事場の魅力度

07 都市地図

06 知識の庫としてのマガジン

05 ミニ・ミュージアム

04 無線綴じ

03 ベシェ珈琲店

02 天気予報

01 ソファ&テレビ



ndcgraphics

SITEMAP

Tee誌編集者には思わぬ余禄もつく。1999年の夏のこと、偉大なグラフィックデザイナー早川良雄さんを鎌倉に訪ねて、4時間に及ぶ取材インタビューをした。氏の軌跡を、特集記事はもちろん、他の連載企画も特集に連動させ、綴じ込み付録も、表紙も、なにもかも1冊まるごと「早川良雄特集」にするというもので、これは本誌・Tee誌の208号となって評判を得た。長時間のインタビューの最中に早川さんは「ちょっと休憩しよう」といって、ずんぐりした珍しいボトルのビールを私たちにも振る舞っていただいた。夏の陽射しに輝く庭の青葉を眺めながら、大先輩と一緒に味わう至福の一服のひとときだった。

それは柔らかな口当たりで、フルーティな香りがする濃い褐色の液体だった。シメイCHIMAYと いうベルギーで最も有名なトラピスト・ビールで、フランス国境近く人口3,500人の町シメイの修道院でつくられている。王冠の色が赤い「Red」のアルコール度数は7%もある。上面発酵酵母を使い、ボトルのなかでも発酵が続いているという。このシメイと早川さんの思い出は、いまでも重なって懐かしい。

ベルギービールを知ると、これまでのビールの飲み方が変わる。ビールはつめたく冷やす、できたてが一番、ノドごしにグイグイと. . .というのが日本人の平均的ビール感だった。固定観念に染まった日本人のビール感を、海外の地ビールを知ることで、ビールのたのしみ方もいろいろあるなと教えてくれる。ベルギーほど多種多様なビールをつくっている国はほかにない。街ごとにおよそ800銘柄もあるという。ワインのような味のビールもあるし、琥珀色・ピンク色・深紅と、その色も多彩。アルコール度数も10%を越えるものがある。東京でもベルギービールのパブができて、その一端を楽しめる。またひとつひとつのビールごとに、形のちがう専用ビアグラスやコースターも用意されて、その奥深いビール文化に驚く。

チェコにも80種以上のビールがあるが、世界でもっとも広く飲まれているピルスナーは、この国のピルゼン地方で1840年ごろ偶然に誕生した。透き通った美しいゴールド色のビールは、透明のビアグラスとも出会い、たちまち世界の人気ビールとなった。冷蔵技術の発達もあって、ドイツや日本、アメリカなど現代のビールはほとんどがこのタイプだ。そんな中、地ビールが見直されているのは「多様性こそ豊かさだ」と、効率や経済性一辺倒で失ってきたものを取り戻そうというスローライフの意識がある。のどが渇いたときには爽やかなピルスナー、じっくり味わって飲むコクの深いエール、この料理にはこのビールと、ワインの豊かさにも通じるビールに、日本人もやっと気づいたのだろう。

と、私は地ビール「横浜エール」をゆっくり楽しみながらこれを書いている。キリンビール発祥の地、横浜の山手居留地に誕生した日本最初のビールは、インデア・ペールエール。ペリー来航と同時にやってきた。黒船ポーハタン号で初めてビールを飲んだ仙台藩士・玉虫左太夫が「苦味ナレド口ヲ湿スニ足ル」と日記に記してから150年になる。エールビールの歴史の深さ、種類の豊富さに圧倒されながら、日本のビール文化の遅れた開国が始まる。

タイポグラフィックス・ティー 第249号 再録
発行:NPO法人 日本タイポグラフィ協会


essay

 

 

back next