ニュース
仕事
会社概要

09 アンペルマン

back next


リヨンの洋菓子ブランド
「セバスチャン・ブイエ」
ビジュアル・アイデンティティ

ヨコハマトリエンナーレ2017の
認定ショップ
SHOPトリエンナーレ2017 オープン

情報をデザインするということ
インタビュー掲載
光村図書出版 公式チャンネル
2017年5月15日

デザイナー 中川憲造のヒミツ
創造都市横浜のウェブサイトマガジン
2017年5月27日

ピクトグラム制作についてインタビュー掲載
「読売新聞」2017年5月9日号

大きなテーブルの小さな展覧会
「パチリ・ワンデイ展」

事務所見学もできます!
「パチリ・ワンデイ展」のお知らせ

新しいチョコレートブランド
「chocolat beauté(ショコラ・
ボーテ)」

ブルーダルの
LINEスタンプ

バラエティ番組のための
学校のピクトグラム

新洋菓子ブランド
「白金堂」総合プロデュース

ヨコハマ・ポップス・オーケストラ

ポーランドポスター'50-'60展

掲載されました
「Yokohama Seasider」2012年5月号

掲載されました
「Business i.」2012年5月3日号

大河ドラマ50のご当地版モノポリー&
オフィシャルグッズ

オープン・スタジオのお知らせ

ヨコハマトリエンナーレ2011 周回バス

平山煙火の花火ポストカード

横浜グラフィックアート・
ポスターシリーズNo.3
勝井三雄 横浜マリンタワー

横浜版モノポリー

食材ピクトグラム

横浜市開港記念会館
ステンドグラス修復記念誌「甦る光」

(社)日本自動車連盟
入会促進新聞広告キャンペーン
「困ったときも、ハッピーなときも。」

日本初の国産石鹸の復刻版
「磯右エ門SAVON」

クレイジーケンバンドとコラボレーション
新ブランド「イイネ!Yokohama」

医療看護支援ピクトグラム

リラクゼーショングッズ開発

geobox「化石チョコレート」発売

公式横浜ベイシティ交通マップ

大回顧展・モネ オリジナルグッズ開発



中川憲造のエッセイ

15 ペルリ来航のデザイン

14 みやげ

13 メゾネット

12 板チョコレートの進化形

11 ごみ箱のデザイン

10 地ビール

09 アンペルマン

08 仕事場の魅力度

07 都市地図

06 知識の庫としてのマガジン

05 ミニ・ミュージアム

04 無線綴じ

03 ベシェ珈琲店

02 天気予報

01 ソファ&テレビ



ndcgraphics

SITEMAP

ドイツ・ベルリンの街角で、かわいいアンペルマン:Ampe lmannに出合える。三頭身の愛らしいプロポーションだが、帽子をきちっと被って颯爽と歩いている。この姿を見ると、こちらもついつい大手を振って一緒に歩くことになる。で、しばらくすると突然両手を拡げて、行く手を阻む。彼の名は「信号男」。ドイツではアンペルマンと呼ばれ、交差点では無くてはならない存在だ。

旧・東ドイツの歩行者用信号機に、アンペルマンが登場したのは1961年。交通心理学者のカール・ペグラウ:Karl Peglau氏によって考案された。60年代のモータリゼーションによる交通量の増加にともない、増える交通事故から歩行者を守るために、視認性に優れたこのデザインを、と誕生。アタマでっかちの三頭身で、両手を拡げる「記号」としての赤信号は、その光る面積も大きく「感情豊かに」ダメダメと歩行の停止を呼びかけている。

信号機の役目は互いに連絡の無い双方に、交差点での出合い頭の衝突を避ける「通行権」を与えるためにある。進行・注意・停止という行動制御を、3 色で表示して記号化するという交通信号機のアイデアは、1868年のイギリス・ウエストミンスターの交差点ではじまる。このときは赤と青の2灯式だったが、1918年にニューヨークに設置された手動信号機が、赤・黄・青の3色式の最初とされる。余談だが、交差点に信号機の無い時代、馬車を先導したのがダルメシアン犬。その目立つ白黒マダラ模様の風貌で、馬車の通行を知らせたという。いまでも、アメリカの消防署はマスコット犬として、このダルメシアンを起用したり、キャラクターの絵を消防車体に描いてシンボルとしているのを見かける。

アンペルマンの「信号男」としての優れた点は、進行と停止を指示する意味を、青と赤の色彩による、単純な記号要素に置き換えただけでなく、表情や身振りによる非言語的要素を加えたことにある。絵文字による誰にでも理解しやすい信号は、その通行にそもそも免許を必要とする自動車ではない、子供や海外旅行者を含む多様な歩行者の安全にふさわしいカタチといえる。1960年代、アンペルマンに代表される新しい標準言語としての「絵文字」は、1964年の東京オリンピックの案内シンボルや、その後の各地で開催される万国博などに受け継がれていく。

アンペルマンは、1990年の東西ドイツの統合によって、西側のデザインに取って代わられ、姿を消す運命にあったが、かわいらしくユーモラスなデザインに親しんできた市民の「アンペルマンを救え」という運動によって、現在も使われている。ベルリンのデザイナー、マルクス・ヘックハウゼン:Markus Heckhausen氏は、その保存運動の先頭にも立ち、また照明灯やTシャツ、文房具などの「アンペルマン・グッズ」を数多くデザインして、アンペルマンの持つ愛らしさと優れたデザイン遺産を啓蒙してきた。アンペルマンは私たちのまわりで、たのしく生き続けている。

タイポグラフィックス・ティー 第248号 再録
発行:NPO法人 日本タイポグラフィ協会


essay

 

 

back next