ニュース
仕事
会社概要

08 仕事場の魅力度

back next


リヨンの洋菓子ブランド
「セバスチャン・ブイエ」
ビジュアル・アイデンティティ

ヨコハマトリエンナーレ2017の
認定ショップ
SHOPトリエンナーレ2017 オープン

情報をデザインするということ
インタビュー掲載
光村図書出版 公式チャンネル
2017年5月15日

デザイナー 中川憲造のヒミツ
創造都市横浜のウェブサイトマガジン
2017年5月27日

ピクトグラム制作についてインタビュー掲載
「読売新聞」2017年5月9日号

大きなテーブルの小さな展覧会
「パチリ・ワンデイ展」

事務所見学もできます!
「パチリ・ワンデイ展」のお知らせ

新しいチョコレートブランド
「chocolat beauté(ショコラ・
ボーテ)」

ブルーダルの
LINEスタンプ

バラエティ番組のための
学校のピクトグラム

新洋菓子ブランド
「白金堂」総合プロデュース

ヨコハマ・ポップス・オーケストラ

ポーランドポスター'50-'60展

掲載されました
「Yokohama Seasider」2012年5月号

掲載されました
「Business i.」2012年5月3日号

大河ドラマ50のご当地版モノポリー&
オフィシャルグッズ

オープン・スタジオのお知らせ

ヨコハマトリエンナーレ2011 周回バス

平山煙火の花火ポストカード

横浜グラフィックアート・
ポスターシリーズNo.3
勝井三雄 横浜マリンタワー

横浜版モノポリー

食材ピクトグラム

横浜市開港記念会館
ステンドグラス修復記念誌「甦る光」

(社)日本自動車連盟
入会促進新聞広告キャンペーン
「困ったときも、ハッピーなときも。」

日本初の国産石鹸の復刻版
「磯右エ門SAVON」

クレイジーケンバンドとコラボレーション
新ブランド「イイネ!Yokohama」

医療看護支援ピクトグラム

リラクゼーショングッズ開発

geobox「化石チョコレート」発売

公式横浜ベイシティ交通マップ

大回顧展・モネ オリジナルグッズ開発



中川憲造のエッセイ

15 ペルリ来航のデザイン

14 みやげ

13 メゾネット

12 板チョコレートの進化形

11 ごみ箱のデザイン

10 地ビール

09 アンペルマン

08 仕事場の魅力度

07 都市地図

06 知識の庫としてのマガジン

05 ミニ・ミュージアム

04 無線綴じ

03 ベシェ珈琲店

02 天気予報

01 ソファ&テレビ



ndcgraphics

SITEMAP

エモーショナルというキーワードが、デザインのあらゆる現場で求められている。単一の機能を満たすだけでは、この豊かな時代にあって、なにかモノ足りないというわけだ。ひと昔まえなら、お湯を沸かすにも、熱効率のいいことや把手の使い勝手などが、ケトルの「グッドデザイン」の条件だった。こんにち人気があるのは、沸いたら小鳥の鳴き声で知らせてくれる「かわいい」デザイナーズ・ケトル。これひとつで朝のキッチンをウキウキさせてくれるのだ。

私の古い体験談から。昭和40年代のこと、駆け出しデザイナーの私が選んだ就職先は百貨店の宣伝部。当時の大阪で、デザイナーが活躍できる仕事先として、いくつかの業種を勝手に決めていた。製薬会社、電機会社、それに百貨店。いずれも大阪に本社を構える会社だ。卒業していった先輩たちもたくさん所属していたこともある。最終的に百貨店を選択した視点は、当時の日本のデザイン界でのトップランナーは、いったいどこにいたのか、を調べた結果だ。百貨店宣伝部出身のデザイナーたちの各方面での活躍に、自分も重ねて、希望いっぱいに輝く仕事場に足を踏み入れて、驚いた。

社員通用口から入って、エレベータも階段も客用施設とは別仕様。通路は狭く、ダンボール荷物の間をすり抜けていく。たどり着いた部屋は灰色の事務机が並ぶ「島型配置」だ。え、これがデザイナーの仕事場、と。その外観からは想像できない売り場との「差別待遇」に複雑な心境だった。考えてみれば、百貨店は客商売。お客さま第一主義でいえば当然のことに違いない、と納得。あとで解ったことだが、百貨店だけでなくこの時代は、どの企業も玄関や受付など、「外向き」の施設にはこだわっても、社員が毎日使う「内向き」の仕事場環境に、特段の眼を向けることはなかった。

essay
オフィス家具輸入販売会社の受付出入口ドア(左)と会議室サイン(右)
Tokyo

そんな仕事場が劇的に変わっていったのは、高度成長を経て、なにもかも豊かになった日本人が、もっとも長い時間を過ごす会社の、日常空間の貧しさに気づいたとき。だれがみても日本の「国力」に添わない劣悪な仕事場が、見た目も美しく快適な空間に、変身していったのは最近のこと。紺屋の白袴をよしとする風潮を改めて、働く足場も魅力的にした「仕事場のグッドデザイン」概念を、さらに進化させるエモーショナルな仕事場も出現してきた。ワークプレイス・ブランディングと称される、仕事場の魅力創造デザインが、今度はその外見だけでなく、働く人の企業意識や個性も反映して、その場をワクワクさせる空間を生み出している。

輸入家具会社のオフィスの例では、これまで部屋番号や記号で呼称されることがあたりまえの会議室の名を、部署を越えてスタッフ同士が熱く活発に意見を戦わせる場としての「リング」や、議論を沸き立たせるミーティングの場としての「フラスコ」とし、粋なピクトグラムも使ってデザインしている。それで思い出した。マッキントッシュによるデザイン現場の机上革命がはじまった1989年、シリコンバレーのアップル本社訪問時の会議室の名は「Hard Rock Cafe」だった。エモーショナルなオフィスが革新的な製品アイデアを生み出すのか、斬新なアイデアが革新のオフィスを求めるのか。仕事場がおもしろくなっている。

タイポグラフィックス・ティー 第247号 再録
発行:NPO法人 日本タイポグラフィ協会


essay
デザイン事務所の床面グラフィック(左上・左下) Yokohama
コンピュータ販売会社の全米に散らばるスタッフ動静板(右)
顔写真マグネットを地図に添付して表示する San Jose

 

 

back next