ニュース
仕事
会社概要

07 都市地図

back next


ヨコハマトリエンナーレ2017の
認定ショップ
SHOPトリエンナーレ2017 オープン

情報をデザインするということ
インタビュー掲載
光村図書出版 公式チャンネル
2017年5月15日

デザイナー 中川憲造のヒミツ
創造都市横浜のウェブサイトマガジン
2017年5月27日

ピクトグラム制作についてインタビュー掲載
「読売新聞」2017年5月9日号

大きなテーブルの小さな展覧会
「パチリ・ワンデイ展」

事務所見学もできます!
「パチリ・ワンデイ展」のお知らせ

新しいチョコレートブランド
「chocolat beauté(ショコラ・
ボーテ)」

ブルーダルの
LINEスタンプ

バラエティ番組のための
学校のピクトグラム

新洋菓子ブランド
「白金堂」総合プロデュース

ヨコハマ・ポップス・オーケストラ

ポーランドポスター'50-'60展

掲載されました
「Yokohama Seasider」2012年5月号

掲載されました
「Business i.」2012年5月3日号

大河ドラマ50のご当地版モノポリー&
オフィシャルグッズ

オープン・スタジオのお知らせ

ヨコハマトリエンナーレ2011 周回バス

平山煙火の花火ポストカード

横浜グラフィックアート・
ポスターシリーズNo.3
勝井三雄 横浜マリンタワー

横浜版モノポリー

食材ピクトグラム

横浜市開港記念会館
ステンドグラス修復記念誌「甦る光」

(社)日本自動車連盟
入会促進新聞広告キャンペーン
「困ったときも、ハッピーなときも。」

日本初の国産石鹸の復刻版
「磯右エ門SAVON」

クレイジーケンバンドとコラボレーション
新ブランド「イイネ!Yokohama」

医療看護支援ピクトグラム

リラクゼーショングッズ開発

geobox「化石チョコレート」発売

公式横浜ベイシティ交通マップ

大回顧展・モネ オリジナルグッズ開発



中川憲造のエッセイ

15 ペルリ来航のデザイン

14 みやげ

13 メゾネット

12 板チョコレートの進化形

11 ごみ箱のデザイン

10 地ビール

09 アンペルマン

08 仕事場の魅力度

07 都市地図

06 知識の庫としてのマガジン

05 ミニ・ミュージアム

04 無線綴じ

03 ベシェ珈琲店

02 天気予報

01 ソファ&テレビ



ndcgraphics

SITEMAP

ドイツ西部の都市、デュッセルドルフ(Dusseldorf)の地図を拡げながら、これを書いている。デュッセルドルフはライン川の右岸に発達した、人口60万人の行政・経済・文化の中心都市。ドイツ語は読めないが、地図からこの都市の姿がいきいきと感じられる。空港から中心市街地までは約5キロ。ライン川から円弧を描いて緑地が街の中を貫き、3本の吊橋によって対岸とつながる。劇場があり、大学やアカデミーハウスが並ぶ。デュッセルドルフには大企業の本社が集積し、美術館や博物館も多く、芸術の中心地としても知られる。この地図は私のデザイナー駆けだし時代の大阪で開かれた「ドイツ見本市」のような機会に手に入れたと思う。1971年8月の出版と書かれているので、もう35年前のことだ。

essay
デュッセルドルフ市の都市地図
Citymap "Düsseldorf Stadtplan" Cermany
Published by: Amt für Fremdenverkehr und Wirtschaftsförderung der
Landeshauptstadt Düsseldorf, Düsseldorf, Ehrenhof 3
Text: K.H.Hoffmann, Düsseldorf
Cover,Designs and Maps: P.Sachsenmaier, Düsseldorf
Printed by (offset): Express-Druckerei Jean Esser KG , Düsseldorf
Printed in Germany
8.1971

都市の様相は千差万別だ。固有の地形に、人の営みが重なる。都市を構成する建物や構造物はどれ一つ同じ配置はない。地を這う道路や網の目のように延びる鉄道路線、川に架かる橋。歴史や文化に彩られた都市生活者の変遷が、住むまちをカタチづくっていく。自ら住む街とはいえ、都市の規模と機能は脳裏に存在させるに複雑で大きすぎるだろう。都市の利便を享受しようとすれば、これを紙の上に写し取った地図が必須となる。都市機能を情報化し、図形として紙の上に記憶させたものが地図だ。中世の都市地図はまち全体を俯瞰して「絵図」として描いたが、こんにちの都市は眼に見えるものだけでは表すことができない。都市の地下には道路も鉄道も走っている。便利なバスも路線は見えない。都市の密度が増すにつれて、より高度な地図が求められる。地形をどう写し取るかということに加えて、隠れた都市機能をどう顕在化させるかに工夫がいる。

地図は都市の民度をあらわす、といわれている。これには二つの視点があって、ひとつはその都市がもつ文化資産や鉄道・建物などの都市インフラが、別の言い方をすればA地図に置き換える「都市要素」が豊かにあるということ。もう一つは、それらを「地図」という知的情報に置き換える編集者がいて、美しく解りやすいカタチに置き換えるデザイナーや、高度な印刷所があるということ。地図1枚から都市の力、市民のチカラが見えてくるというわけだ。日本のグラフィックデザイナーのレベルは高い。しかし日本の都市地図に、そのデザイン性で見るべきものは少ない。私の場合でいうと、横浜に在ってひとごとでなく、いつか「デュッセルドルフ」にまけない地図をデザインしたいものだ、とずっと願っている。

地図は都市の形や距離を正確にあらわすだけのものでなく、都市の密度・歴史・変化なども読み取るようにできる。また地図を機能性だけでつくることもないだろう。都市のアイデンティティを、その色彩や印刷の体裁、あるいは都市要素をどのような記号体系で作成するかで表出させることもできる。様式化された地図表現が、もう一つの都市の魅力として、観光客にもアピールできる。まだ見ぬ街を地図から想像したり、あるいは訪ねた街の楽しい散策の記憶としても、地図は優れた都市メディアである。「芸術と科学が出合う場」としての都市地図づくりに、各都市に散るグラフィックデザイナーの出番がまたれる。

タイポグラフィックス・ティー 第246号 再録
発行:NPO法人 日本タイポグラフィ協会


essay
ミュンヘン市の鉄道網と料金体系マップ
Tarifplan Gesamtnetz

 

 

back next