ニュース
仕事
会社概要

06 知識の庫としてのマガジン

back next


ヨコハマトリエンナーレ2017の
認定ショップ
SHOPトリエンナーレ2017 オープン

情報をデザインするということ
インタビュー掲載
光村図書出版 公式チャンネル
2017年5月15日

デザイナー 中川憲造のヒミツ
創造都市横浜のウェブサイトマガジン
2017年5月27日

ピクトグラム制作についてインタビュー掲載
「読売新聞」2017年5月9日号

大きなテーブルの小さな展覧会
「パチリ・ワンデイ展」

事務所見学もできます!
「パチリ・ワンデイ展」のお知らせ

新しいチョコレートブランド
「chocolat beauté(ショコラ・
ボーテ)」

ブルーダルの
LINEスタンプ

バラエティ番組のための
学校のピクトグラム

新洋菓子ブランド
「白金堂」総合プロデュース

ヨコハマ・ポップス・オーケストラ

ポーランドポスター'50-'60展

掲載されました
「Yokohama Seasider」2012年5月号

掲載されました
「Business i.」2012年5月3日号

大河ドラマ50のご当地版モノポリー&
オフィシャルグッズ

オープン・スタジオのお知らせ

ヨコハマトリエンナーレ2011 周回バス

平山煙火の花火ポストカード

横浜グラフィックアート・
ポスターシリーズNo.3
勝井三雄 横浜マリンタワー

横浜版モノポリー

食材ピクトグラム

横浜市開港記念会館
ステンドグラス修復記念誌「甦る光」

(社)日本自動車連盟
入会促進新聞広告キャンペーン
「困ったときも、ハッピーなときも。」

日本初の国産石鹸の復刻版
「磯右エ門SAVON」

クレイジーケンバンドとコラボレーション
新ブランド「イイネ!Yokohama」

医療看護支援ピクトグラム

リラクゼーショングッズ開発

geobox「化石チョコレート」発売

公式横浜ベイシティ交通マップ

大回顧展・モネ オリジナルグッズ開発



中川憲造のエッセイ

15 ペルリ来航のデザイン

14 みやげ

13 メゾネット

12 板チョコレートの進化形

11 ごみ箱のデザイン

10 地ビール

09 アンペルマン

08 仕事場の魅力度

07 都市地図

06 知識の庫としてのマガジン

05 ミニ・ミュージアム

04 無線綴じ

03 ベシェ珈琲店

02 天気予報

01 ソファ&テレビ



ndcgraphics

SITEMAP

知りたいわけではなかったのに、知ってしまったり、見たいわけではないのに見てしまうということがある。行楽地へ向かう家族の移動手段を、電車と乗用車で比較してみる。前者は切符を手に目的地への行き先を確認して乗車する。車内には中吊り広告が情報を発信し、隣席の人の雑誌や新聞からもニュースがのぞき見れる。同乗客の百花繚乱の個性を、所持品や服装から想像し、観察できるおもしろさも捨てがたい。旅は道連れと、思わぬきっかけから他人との会話も弾む。これが車の移動となると、たいていの家族は運転者を除いて車内では居眠っている。高速道路ほど、単調な風景はないから無理もない。電車から見る車窓風景はこれ自体でも楽しめる。点から点への移動と、線状の移動の違いがそこに表れる。

知的な寄り道や好奇心が、人の感性や創造力を磨くと考える。異なる視点から見えるものを集積していく知的探検が、自分のなかに知らぬ間にはびこる専門という「狭い壁」を打ち砕いてくれる。メディアでいうと、新聞・テレビは「知りたいわけではない情報」であふれている。一見脈絡の無いニュースから、自分で編集してみると意外な事象が見えてくる。携帯やインターネットは自分を主役に、瞬時に目的へたどり着くが、この「寄り道」の効用がない。このコラムのタイトルを「隣の芝生」としたのは、自分の領域を越えて違う世界をながめることで、自分のこともよく見えてくると思ったからだ。デザインをできるだけ広い世界から見てみたいということで、隣の芝生を覗き見ている。

雑誌の定義をいつか調べてみたいと思っていた。種々なものが入りまじり、一見脈絡の無い知識の集積物としての雑誌の、雑という字に、合点がいかない違和感をずっと持っていた。辞書を繰ると、そもそも「雑」は衣偏に集まるという造語。一揃いの衣服の色合わせだという。これが転じて、広く交わるという意をあらわす語となった。雑の字に内包する深い意味を知り、知の寄り道はつづく。百科事典によると、雑誌は「17世紀の知識人達が学問への意欲を語り、その成果を同好の仲間達へ知らせる」定期刊行物がそのルーツだそうだ。書籍にはないその簡易な体裁が、少ない費用で出版でき、継続するごとに増幅する効果は雑誌の特性で、次の発行を待ち望む当時の知識人の嬉々とする様が想像できる。

英語のmagazineは、火薬や武器を集積した軍需倉庫や、収穫した地産品の貯蔵庫などをさす言葉だった。1731年のこと、イギリスの印刷業者、エドワード・ケーブEdward Caveは、知識人達が語る学問の意欲や成果を集めた綴じものに「Gent leman' s Magazine」と名付けた雑誌を創刊した。このMagazineの成功によって、マガジンの語を付けた雑誌が次々と生まれ、18世紀なかばには雑誌をさす言葉として定着した。そうか、知識の庫だったんだ。マガジンハウスという名の会社の奥深さを、かくして知り、納得。同時に、雑は分類できないもの、囲いきれない、「凄いモノ」も表しているを知り、自分のことを「雑役」と自覚して悦に入っている。おわりに「偉大なる雑」の字づくし……雑談・雑学・雑読・雑考・雑説・雑楽・雑感・雑報・雑居・雑婚・雑種・雑品・雑交・雑器・雑具・雑録・雑貨・雑芸・雑技・雑曲・雑劇・雑纂・雑言・雑事・雑修・雑色・雑食・雑酒・雑穀・雑草・雑菌・雑用・雑件・雑業・雑木・雑戸・雑兵・雑費・雑損・雑則・雑然・雑念・雑節・雑踏・雑多……雑記雑載ご免。

タイポグラフィックス・ティー 第245号 再録
発行:NPO法人 日本タイポグラフィ協会


essay

「The Ladies' Home Journal」1910年3月号・10月号から
アメリカ人経営者・カーティス Cyrus Curtisによって、1883年に創刊された女性誌。
40万部の発行部数を実現して、当時の大衆出版の記録をつくり、
1889年以降、センチメンタリズムと実用記事による大衆ジャーナリズムを実現していく。

 

 

back next