ニュース
仕事
会社概要

05 ミニ・ミュージアム

back next


ヨコハマトリエンナーレ2017の
認定ショップ
SHOPトリエンナーレ2017 オープン

情報をデザインするということ
インタビュー掲載
光村図書出版 公式チャンネル
2017年5月15日

デザイナー 中川憲造のヒミツ
創造都市横浜のウェブサイトマガジン
2017年5月27日

ピクトグラム制作についてインタビュー掲載
「読売新聞」2017年5月9日号

大きなテーブルの小さな展覧会
「パチリ・ワンデイ展」

事務所見学もできます!
「パチリ・ワンデイ展」のお知らせ

新しいチョコレートブランド
「chocolat beauté(ショコラ・
ボーテ)」

ブルーダルの
LINEスタンプ

バラエティ番組のための
学校のピクトグラム

新洋菓子ブランド
「白金堂」総合プロデュース

ヨコハマ・ポップス・オーケストラ

ポーランドポスター'50-'60展

掲載されました
「Yokohama Seasider」2012年5月号

掲載されました
「Business i.」2012年5月3日号

大河ドラマ50のご当地版モノポリー&
オフィシャルグッズ

オープン・スタジオのお知らせ

ヨコハマトリエンナーレ2011 周回バス

平山煙火の花火ポストカード

横浜グラフィックアート・
ポスターシリーズNo.3
勝井三雄 横浜マリンタワー

横浜版モノポリー

食材ピクトグラム

横浜市開港記念会館
ステンドグラス修復記念誌「甦る光」

(社)日本自動車連盟
入会促進新聞広告キャンペーン
「困ったときも、ハッピーなときも。」

日本初の国産石鹸の復刻版
「磯右エ門SAVON」

クレイジーケンバンドとコラボレーション
新ブランド「イイネ!Yokohama」

医療看護支援ピクトグラム

リラクゼーショングッズ開発

geobox「化石チョコレート」発売

公式横浜ベイシティ交通マップ

大回顧展・モネ オリジナルグッズ開発



中川憲造のエッセイ

15 ペルリ来航のデザイン

14 みやげ

13 メゾネット

12 板チョコレートの進化形

11 ごみ箱のデザイン

10 地ビール

09 アンペルマン

08 仕事場の魅力度

07 都市地図

06 知識の庫としてのマガジン

05 ミニ・ミュージアム

04 無線綴じ

03 ベシェ珈琲店

02 天気予報

01 ソファ&テレビ



ndcgraphics

SITEMAP

私はめったに海外へ行かない。飛行機というものが苦手のせいで、自分から海外旅行を望んだことはない。それでも、2、3年に一回は仕事で出かけているから、少なくはない。希少な海外見聞の機会を、だから、行くとなると人一倍好奇心を発揮して、余禄を楽しんでくる、というのが私の特技かもしれない。このごろの興味ある自分のキーワードに「知りたいわけではなかったのに、見たいわけではないのに」というのがある。目的へまっしぐらだけでは得られないものが「寄り道」には溢れている。世間ではお盆休みという騒然とした観光旅行時に、仕事でサンフランシスコへ行ってきた。その時の「余禄」から…。

essay
職人たちの写真

1849年に創業したというアメリカのベーカリー「BOUDIN」社のミュージアムがサンフランシスコの埠頭街の一角にある。通りからはパンの製造工程がガラス越しにのぞき見ることができる。捏ねられた小麦粉の塊がふっくらおいしいパンに「化ける」さまを、魔法でも見るような子供たちの驚異の眼差しに、中からパン職人が笑顔で応えている。ミュージアムはこのパン工場の2階にあり、ミュージアムからもパン製造工程が見下ろせる仕組みだ。「Bakery Tour」と標榜された「パン界の漫遊コース」の最後には、テイスティング・ルームも用意されている。

160年のBOUDIN社の歴史はサンフランシスコの都市の歴史と重なる。ゴールドラッシュ、ケーブルカー、大地震……と、会社の歴史が都市との関わりの中で、デザイン的にも優れた手法で展覧されている。好感をもったのは、パン工場で働く職人たちが巨大な写真パネルとなって紹介されていることだ。創業者のこと、自社の歴史、パンの種類と製造工程、使っている道具に加えて、そこで働く職人達の活きた姿に、このパン製造会社の「誇り」を感じる。日本の企業からこの誇りが消えて久しい。会社は誰のものか、という議論が昨今ちまたに交わされた。儲かるからといって仕入れ、その販売額との差益に重きを置く陳腐化したといっては、大切なものまでスクラップにしたり、部門どころか商品ごとの別収支で人気商品を切り捨てることが、企業価値を高めるなどという理由で平気で行われる。BOUDIN社のミュージアムは「会社は誰のものか」との問いに、誇りをもって応えいるように思う。

essay
左上から ミュージアム入り口のサロン、展示品
右は歴史年表

モノをあつめ、これを他人に見せたいというのは、誰もが思う人の本性だ。ミュージアム(Museum)の語源はヘレニズム時代にアレクサンドリアに創られたMOUSEION:ムセイオンによる。古代ギリシャの学術研究所で、その後17世紀ごろからラテン語のMUSEUMの呼称が使われるようになった。戦利品や収集品を展観させる場としてのミュージアムから、やがてアメリカを中心に大衆教育のための保存・展示へと変化していく。全米には現在6000のミュージアムがあり、これは世界のミュージアム総数の四分の一にあたる。企業ミュージアムの役割は、自分たちの創業のルーツを記録し、その発展の歴史が地域といかに関わってきたかを再確認するためにあるのだろう。そしてなにより、自分たちのモノづくりの意義と、そのモノの背景にあるストーリーを語るためにあるといえる。いつから、だれが、どのように作ってきたのか、を語っているのだ。

私たちの仕事を通して、どれほど誇示できるものがあるか。陳列・展示・博覧できる逸品、珍品、そして誇れるクラフトワークとその職人たちを持っているか。ミュージアムを持つ喜びを、「BOUDIN MUSEUM & BAKERY TOUR」への寄り道で学ばせてもらった。

タイポグラフィックス・ティー 第244号 再録
発行:NPO法人 日本タイポグラフィ協会


essay

Boudin Museum
サンフランシスコ名物のサワードゥブレで有名な
ボウディン・ベーカリーがつくったミュージアム。
157年の歴史をパネルや、調理器具の展示から理解できる。
www.boudinbakery.com

 

 

back next