ニュース
仕事
会社概要

04 無線綴じ

back next


ヨコハマトリエンナーレ2017の
認定ショップ
SHOPトリエンナーレ2017 オープン

情報をデザインするということ
インタビュー掲載
光村図書出版 公式チャンネル
2017年5月15日

デザイナー 中川憲造のヒミツ
創造都市横浜のウェブサイトマガジン
2017年5月27日

ピクトグラム制作についてインタビュー掲載
「読売新聞」2017年5月9日号

大きなテーブルの小さな展覧会
「パチリ・ワンデイ展」

事務所見学もできます!
「パチリ・ワンデイ展」のお知らせ

新しいチョコレートブランド
「chocolat beauté(ショコラ・
ボーテ)」

ブルーダルの
LINEスタンプ

バラエティ番組のための
学校のピクトグラム

新洋菓子ブランド
「白金堂」総合プロデュース

ヨコハマ・ポップス・オーケストラ

ポーランドポスター'50-'60展

掲載されました
「Yokohama Seasider」2012年5月号

掲載されました
「Business i.」2012年5月3日号

大河ドラマ50のご当地版モノポリー&
オフィシャルグッズ

オープン・スタジオのお知らせ

ヨコハマトリエンナーレ2011 周回バス

平山煙火の花火ポストカード

横浜グラフィックアート・
ポスターシリーズNo.3
勝井三雄 横浜マリンタワー

横浜版モノポリー

食材ピクトグラム

横浜市開港記念会館
ステンドグラス修復記念誌「甦る光」

(社)日本自動車連盟
入会促進新聞広告キャンペーン
「困ったときも、ハッピーなときも。」

日本初の国産石鹸の復刻版
「磯右エ門SAVON」

クレイジーケンバンドとコラボレーション
新ブランド「イイネ!Yokohama」

医療看護支援ピクトグラム

リラクゼーショングッズ開発

geobox「化石チョコレート」発売

公式横浜ベイシティ交通マップ

大回顧展・モネ オリジナルグッズ開発



中川憲造のエッセイ

15 ペルリ来航のデザイン

14 みやげ

13 メゾネット

12 板チョコレートの進化形

11 ごみ箱のデザイン

10 地ビール

09 アンペルマン

08 仕事場の魅力度

07 都市地図

06 知識の庫としてのマガジン

05 ミニ・ミュージアム

04 無線綴じ

03 ベシェ珈琲店

02 天気予報

01 ソファ&テレビ



ndcgraphics

SITEMAP

カジュアルなメモブックをデザインする機会があった。手のひらサイズで、一冊100枚綴り。5ミリ方眼を淡い青紫で印刷して、ミシン目もつけた。厚さは約1センチ。カバーは鮮やかな赤にPapier d'ange(天使の紙)のロゴを白抜きに。アイデアや閃きをサッと書き記す道具として、気に入っている。綴じの形式は針金を使わない無線綴じとした。

紙の上の仕事としては、グラフィック・デザインは二次元の平面デザインだ。地となる用紙を選択し、文字や造形を配置して、適切な色彩を…このグラフィック・デザイン三要素を駆使できれば、いっぱしのデザイナーとなる。例えばポスターはグラフィック・デザイナーの花形メディアだが、逆に言えば御するに易い。色彩と文字と紙の選択を間違えなければ、あとは個人の力量次第で訴求力の強いポスターが仕上がる。しかし、紙も何十ページも綴じるとなると、厚みも重さも加わる。軽くて大きく、あるいは堅くコンパクトに、やわらかく厚い綴じにと、それらをまとめあげるということは、情報が収納されたコンテナやパッケージのデザインとしてみることもできる。それゆえ立体物としての「構造計算」を誤ると、機能も破綻する。慣れ親しんだ印刷領域に加えて、製本領域への理解も求められる。

無線綴じと呼ばれる綴じ方は、製本のなかでももっとも簡便なつくりで、糸かがりのないのり付け製本となる。書籍や雑誌の出版物と違い、メモブックの場合は片面印刷の事務用品製本という仕立て方になる。小サイズのメモブックということで、本紙は菊判8列×8段の64面付け、カバーは32面付け( 図参照)を選んだ。余談だが、この「面付け」を、私はグラフィックデザインの大切なデザイン・プロセスのひとつだと考えている。用紙を無駄なく使いきるというだけでなく、少部数で多様な展開ができるヒントがここにある。仮に32面付けで1000枚のカバーを印刷した場合、32000部もの同デザインの複製品ができあがってしまう。一種あたりのロットを小さくしたい場合、これを複数のデザインで各面に割り振れば、少部数で多様なデザインのものが仕上がる。今回のメモブックではPapier d'angeのロゴ版とは別に、10種のデザイン違いを、同時に製作することができた。閑話休題。メモ本紙の製本工程は、刷り上がった用紙100枚ごとに台紙となるボール紙を挟み、5〜600枚を1段づつ断裁したものを1mほど積み上げて「背のり加工」となる。カバーは印刷後、折りスジをつけて断裁。背のり加工のあと仕上断裁された本紙に、カバーを取り付ける最後の工程へ。

本紙と表紙、別々の工程で進んできたものが最後の「カバー付け」で、一冊のメモブックが仕上がる。「のり付け」という刷毛塗り工程は、表紙の裏面部分を折り返し、5〜6枚づつずらしながら重ねて、刷毛で糊を塗っていくのがこれまでの工程だ。それなりの熟練と、刷毛と糊を使う「技」が必要とされる。この製作過程を、スタッフの一人が「現場確認」に行って気づいたこと…この刷毛塗り工程が、技術を必要としない「両面テープ」貼りに置き換えられていた。用紙の質が違う表紙と本紙を一つのものに仕上げるのが、製本のいちばん難しいところという。案の定、仕上がった見本のいくつかに、表紙と本紙がたやすく離れてしまうものがあり、不良品がたくさん出た。両面テープによる接着「作業」と、刷毛と糊を使う「技」の違いを見誤った現場の安易な合理化で、余分な後始末が加わってしまった。カジュアルなものづくりにも、技術の裏付けは欲しい。

タイポグラフィックス・ティー 第243号 再録
発行:NPO法人 日本タイポグラフィ協会


essay

essay

Memo Book
105×70mm 100 Sheets
Produced by
Kohga Communication Products Inc.

 

 

back next