ニュース
仕事
会社概要

03 ベシェ珈琲店

back next


ヨコハマトリエンナーレ2017の
認定ショップ
SHOPトリエンナーレ2017 オープン

情報をデザインするということ
インタビュー掲載
光村図書出版 公式チャンネル
2017年5月15日

デザイナー 中川憲造のヒミツ
創造都市横浜のウェブサイトマガジン
2017年5月27日

ピクトグラム制作についてインタビュー掲載
「読売新聞」2017年5月9日号

大きなテーブルの小さな展覧会
「パチリ・ワンデイ展」

事務所見学もできます!
「パチリ・ワンデイ展」のお知らせ

新しいチョコレートブランド
「chocolat beauté(ショコラ・
ボーテ)」

ブルーダルの
LINEスタンプ

バラエティ番組のための
学校のピクトグラム

新洋菓子ブランド
「白金堂」総合プロデュース

ヨコハマ・ポップス・オーケストラ

ポーランドポスター'50-'60展

掲載されました
「Yokohama Seasider」2012年5月号

掲載されました
「Business i.」2012年5月3日号

大河ドラマ50のご当地版モノポリー&
オフィシャルグッズ

オープン・スタジオのお知らせ

ヨコハマトリエンナーレ2011 周回バス

平山煙火の花火ポストカード

横浜グラフィックアート・
ポスターシリーズNo.3
勝井三雄 横浜マリンタワー

横浜版モノポリー

食材ピクトグラム

横浜市開港記念会館
ステンドグラス修復記念誌「甦る光」

(社)日本自動車連盟
入会促進新聞広告キャンペーン
「困ったときも、ハッピーなときも。」

日本初の国産石鹸の復刻版
「磯右エ門SAVON」

クレイジーケンバンドとコラボレーション
新ブランド「イイネ!Yokohama」

医療看護支援ピクトグラム

リラクゼーショングッズ開発

geobox「化石チョコレート」発売

公式横浜ベイシティ交通マップ

大回顧展・モネ オリジナルグッズ開発



中川憲造のエッセイ

15 ペルリ来航のデザイン

14 みやげ

13 メゾネット

12 板チョコレートの進化形

11 ごみ箱のデザイン

10 地ビール

09 アンペルマン

08 仕事場の魅力度

07 都市地図

06 知識の庫としてのマガジン

05 ミニ・ミュージアム

04 無線綴じ

03 ベシェ珈琲店

02 天気予報

01 ソファ&テレビ



ndcgraphics

SITEMAP

ジャズ奏者の名を冠した珈琲店が銀座にある。カウンター席が10人分と、テーブルが六つ。三十人も入ればヨシとする小さな店だ。自家焙煎の豆を、客の注文を聞いてからミル(コーヒー挽き機)にかける。綿ネルの濾し袋のなかで、熱湯を浴びた焦茶色の粉が、プチプチと破裂音をたてながら泡を吐き、待ち受けるカップへアロマが満ちていく。1978年の開店というから、わたしが上京して3年目のこと。それ以来28年にわたり、いったい何杯のコーヒーをたのしませてくれたことだろう。店で飲むだけでなく、自宅も仕事場も横浜のスタジオも、わたしの定番珈琲はベシェ珈琲店の豆となっている。

珈琲店を表す世界語<Cafe:カフェ>は、コーヒー発祥の地アラビアの<qahwa:カフワ>が語源。トルコに入って<kahve:カフウェ>となり、17世紀にはヨーロッパ各地に広まり、世界的な通用語のカフェとなった。18世紀はじめのロンドンには3000をこえるカフェが流行し、学者・芸術家・ジャーナリストの交流の場として賑った。政治や経済の面でも、世論形成の場となり、新聞社や保険会社、商品取引もカフェを舞台に成立していった。18世紀後半から19世紀にかけて生きた、ベートーベンのコーヒー逸話……。彼は多忙な作曲の合間にコーヒーをたのしんだという。いつものように手回しミルを使用して豆を挽いていると、使用人がその姿を見て恐縮した。作曲に打ち込んでもらうために、変わりに挽きましょうといったら、彼は「自分のたいせつな休息の時間を奪わないで欲しい」と断ったという。コーヒーには飲むたのしみ以上に挽くたのしみがある。珈琲は香りで飲むものだが、実はこの前工程の、ミルで豆が粉砕されるときこそ最も芳香を放つ。焙煎によって豆のなかに蓄積された香りのマグマが、一気に爆発するのではと、わたしは思っている。

近ごろ流行りのコーヒーショップと、このベシェ珈琲店が違うのは、その客層か。年齢、男女、その風貌に千差万別の趣がある。銀座という土地柄もあるだろう、中世のパリのカフェがごとく、ご近所で働く出版編集者、作家、広告代理店のクリエイターたちや写真家ほか多くの著名人も混じり、お互いに顔見知りとなって談笑している。「銀一」というプロの写真家向けの撮影機材店がすぐのせいか、とりわけ写真家の一服の場として利用する姿をよくみかける。そんななかの一人・向田尚幹Mukoda Naokiさんから「中川さん、ひとつぼくの装丁をやってよ」と声をかけられたことを思い出す。ヨーロッパの看板を撮った著作などで、すでに著名な彼からの気軽な一声も、この珈琲店のカウンター席だった。シルクロードを4WDで駆けた彼の写真集「スケッチ・オブ・ザ・シルクロード」はベシェ珈琲店から出版されたようなものだ。

ブレンドコーヒーとは、癖のある二つ以上のコーヒー豆を組み合わせて、バランスのとれた妙味をつくりだすこと。これには秘訣があって、個性の衝突する豆を引き合わせる「第三の豆」の役割があると、以前店主から聞いたことがある。単独ではふつうの豆にすぎないのに、強烈な個性と個性を結びつける役を担い、新しい別の魅力を引き出すというのだ。カフェにあって多様な個性あふれる客人たちを、巧みにブレンドしてきたのは、きっとこの場の店主であったに違いない。喫茶店が単なる通行途上の一服の場だけでない、ポケットパークのような、人と人が交じる場としてありつづけて欲しいと、一杯のコーヒーを手にしながらわたしは願っている。

タイポグラフィックス・ティー 第242号 再録
発行:NPO法人 日本タイポグラフィ協会


essay02

Café BECHET
東京都中央区銀座 2-2-19 tel.03-3564-3176
1978年12月15日開店(当初・並木通り)

 

back next