ニュース
仕事
会社概要

02 天気予報

back next


ヨコハマトリエンナーレ2017の
認定ショップ
SHOPトリエンナーレ2017 オープン

情報をデザインするということ
インタビュー掲載
光村図書出版 公式チャンネル
2017年5月15日

デザイナー 中川憲造のヒミツ
創造都市横浜のウェブサイトマガジン
2017年5月27日

ピクトグラム制作についてインタビュー掲載
「読売新聞」2017年5月9日号

大きなテーブルの小さな展覧会
「パチリ・ワンデイ展」

事務所見学もできます!
「パチリ・ワンデイ展」のお知らせ

新しいチョコレートブランド
「chocolat beauté(ショコラ・
ボーテ)」

ブルーダルの
LINEスタンプ

バラエティ番組のための
学校のピクトグラム

新洋菓子ブランド
「白金堂」総合プロデュース

ヨコハマ・ポップス・オーケストラ

ポーランドポスター'50-'60展

掲載されました
「Yokohama Seasider」2012年5月号

掲載されました
「Business i.」2012年5月3日号

大河ドラマ50のご当地版モノポリー&
オフィシャルグッズ

オープン・スタジオのお知らせ

ヨコハマトリエンナーレ2011 周回バス

平山煙火の花火ポストカード

横浜グラフィックアート・
ポスターシリーズNo.3
勝井三雄 横浜マリンタワー

横浜版モノポリー

食材ピクトグラム

横浜市開港記念会館
ステンドグラス修復記念誌「甦る光」

(社)日本自動車連盟
入会促進新聞広告キャンペーン
「困ったときも、ハッピーなときも。」

日本初の国産石鹸の復刻版
「磯右エ門SAVON」

クレイジーケンバンドとコラボレーション
新ブランド「イイネ!Yokohama」

医療看護支援ピクトグラム

リラクゼーショングッズ開発

geobox「化石チョコレート」発売

公式横浜ベイシティ交通マップ

大回顧展・モネ オリジナルグッズ開発



中川憲造のエッセイ

15 ペルリ来航のデザイン

14 みやげ

13 メゾネット

12 板チョコレートの進化形

11 ごみ箱のデザイン

10 地ビール

09 アンペルマン

08 仕事場の魅力度

07 都市地図

06 知識の庫としてのマガジン

05 ミニ・ミュージアム

04 無線綴じ

03 ベシェ珈琲店

02 天気予報

01 ソファ&テレビ



ndcgraphics

SITEMAP

きょうの事件を報じるニュース番組の最後は、あしたの天気を報じて終わる。テレビだけでなく、新聞も欧米では最終面が天気予報だ。日本の新聞は最終面を「ラテ面」としているが、海外ではめずらしい。1ページいっぱいに使った、特大天気図と予報が紙面を賑わしている。あしたの天気がニュースになるというより、テレビを見ている人も、新聞を読んでいる人も、他人の出来事の関心のあとは、自分のこと。我に返ってさて、出かけるに傘はいるのかな、ということだろう。しかしこれが当たらない、という時代がながくつづいた。が、こんにち、天気予報はかなり正確に、未来を予測できるようになった。

essay01 from Scrapbook of Traveler"Kenzo"
4 Juli 2003 Suddeutsche Zeitung Munchen


夕焼けは晴、と明日の天気を占う。古来、人は空を見上げて、これからの天気を想像した。風向き、雲のかたち、経験をたよりに予測する。気象には、低気圧や高気圧のような大きな構造があることがわかるまで、天気を予報する、といことは魔法の技のようなものだった。予報に天気図を用いるというのは、19世紀に入って、交通・通信の発達で可能となった。天気図の作成には気圧がもっとも大切だが、気圧計が発明されるのは、1643年のこと。ガリレイの弟子、トリチェリによって気圧計が発明された。温度計はすでにガリレイが17世紀初頭に発明していた。各地の気象観測の結果(データ)を集めることが出来るようになり、1820年にドイツのH.W.ブランデスが天気図を最初につくった。1856年からフランスで天気図が定期的に作成されるようになり、2年後には天気図による天気予報が始まる。日本での最初の天気図がつくられたのは、1883( 明治16)年のことだった。

そういえば、私は小学校で毎朝天気図を描いていた。職員室前の2メートル四方くらいの大きな黒板に、新聞の天気図からチョークで書き写すという作業。日本列島の地形図上に等圧線や前線、主要都市の天気・風向・風速を、天気記号を使って描いていく。いまでも海外へ出かけたら、必ず新聞の気象欄を切り取ってくるのは、このときの習いか。その紙面構成はというと、新聞社の数だけ、表現は多様だ。フルカラーで地球の丸みまでしながら、リアリティいっぱいに迫るものから、かわいいお天気マークが並ぶもの、新聞社のこだわりを、工夫された「天気の絵文字」で見るのはたのしい。デザイン的にもレベルは高い。

【東京】南一時北の風晴時々曇、午後ところによりにわか雨か雷雨・・・これは1969年7月21日・朝日新聞東京版朝刊の一面「きょうの天気」から。この日は「人類、ここに月を踏む」の見出しが夕刊に出た。天気解説も「人類が月に到達した日、地球の北半球は夏のさかりであった。日本もアメリカも、ヨーロッパも高気圧におおわれて、天気はよかったが、東京、ニューヨーク、ロンドン付近はいずれも申合わせたように、前線の南下でくもっていた。」とある。懐かしくも、ゆたかな言語表現だ。コンピュータと気象衛星の活躍で、天気予報は飛躍的に精度を増した。新聞でも一日の天気の変化を時系列で知ることができ、降水確率も表示される。残念なのは、日本の新聞の気象欄が、まだまだニュースのわき役の域をでないこと。紙面の位置、そのスペースに工夫が欲しい。新聞にとって「ラテ面」と「天気面」のどちらが大切か、よーく考えてみる時期が来た。

タイポグラフィックス・ティー 第241号 再録
発行:NPO法人 日本タイポグラフィ協会


essay02
お天気マーク 上から
25 Febrero 1997 La Lidia Pamplona
25 Febrero 1997 El Mundo Pamplona
19./20. Oktober 1996 Tages-Anzeiger Basel
Feb. 24 1997 The Times London
14 Septembre 1998 Le Monde Paris

資料.........講談社・科学大事典 
福武書店・英和大辞典カラーオックスフォード 
平凡社・大百科辞典

 

back next