ニュース
仕事
会社概要

01 ソファ&テレビ

next


ヨコハマトリエンナーレ2017の
認定ショップ
SHOPトリエンナーレ2017 オープン

情報をデザインするということ
インタビュー掲載
光村図書出版 公式チャンネル
2017年5月15日

デザイナー 中川憲造のヒミツ
創造都市横浜のウェブサイトマガジン
2017年5月27日

ピクトグラム制作についてインタビュー掲載
「読売新聞」2017年5月9日号

大きなテーブルの小さな展覧会
「パチリ・ワンデイ展」

事務所見学もできます!
「パチリ・ワンデイ展」のお知らせ

新しいチョコレートブランド
「chocolat beauté(ショコラ・
ボーテ)」

ブルーダルの
LINEスタンプ

バラエティ番組のための
学校のピクトグラム

新洋菓子ブランド
「白金堂」総合プロデュース

ヨコハマ・ポップス・オーケストラ

ポーランドポスター'50-'60展

掲載されました
「Yokohama Seasider」2012年5月号

掲載されました
「Business i.」2012年5月3日号

大河ドラマ50のご当地版モノポリー&
オフィシャルグッズ

オープン・スタジオのお知らせ

ヨコハマトリエンナーレ2011 周回バス

平山煙火の花火ポストカード

横浜グラフィックアート・
ポスターシリーズNo.3
勝井三雄 横浜マリンタワー

横浜版モノポリー

食材ピクトグラム

横浜市開港記念会館
ステンドグラス修復記念誌「甦る光」

(社)日本自動車連盟
入会促進新聞広告キャンペーン
「困ったときも、ハッピーなときも。」

日本初の国産石鹸の復刻版
「磯右エ門SAVON」

クレイジーケンバンドとコラボレーション
新ブランド「イイネ!Yokohama」

医療看護支援ピクトグラム

リラクゼーショングッズ開発

geobox「化石チョコレート」発売

公式横浜ベイシティ交通マップ

大回顧展・モネ オリジナルグッズ開発



中川憲造のエッセイ

15 ペルリ来航のデザイン

14 みやげ

13 メゾネット

12 板チョコレートの進化形

11 ごみ箱のデザイン

10 地ビール

09 アンペルマン

08 仕事場の魅力度

07 都市地図

06 知識の庫としてのマガジン

05 ミニ・ミュージアム

04 無線綴じ

03 ベシェ珈琲店

02 天気予報

01 ソファ&テレビ



ndcgraphics

SITEMAP

私のうちにはソファがない、と言ったら、スタッフの新人デザイナーが「え〜っ、じゃあ、テレビはどうやって視るんですか」という。この質問はおもしろい。テレビの前にはソファが当然にあるものだという。彼女にとってテレビとソファは、カップ&ソーサー、ブレッド&バター、ナッツ&ボルトのようなもので、普通のこととして疑わなかった。チャンネル操作ひとつで、ありとあらゆる地上の出来事を、座して楽しむことができる至福のぜいたくに、ソファはたしかにふさわしい。

essay01


ソファ<sofa>の語はアラビア語に由来する。ベンチを意味する<suffa>は、オスマン・トルコの首相や高官が、宮廷の謁見の間でカーペットやクッションを載せて使用した長椅子のこと。フランスでは17世紀後期から宮廷や貴族の邸館で、デザイン的にも改良されて使われるようになった。素っ気無い庶民の長椅子と違い、羽毛や羊毛の詰め物とコイル・スプリングの利いた座面や背もたれに、からだを預ける貴族の姿が想像できる。くつろぐ椅子として完成されたソファが、今貴族といわれる現代人のテレビの前で「魔法の絨毯」となるのも必然か。

では、みんながみんな、ソファでテレビを視ているのか。私の教えるデザイン学生たちにこれを聞いてみた。「食事をしながらダイニングチェアで」「畳のうえで寝っ転がって」「座椅子で」「掘りこたつに足を入れて」「フローリング床にクッションを置いて」「ソファはあるけど、カーペットで横になって」と、まあいろいろ。応えはそれぞれの生活様式もうかがえて興味深い。「あなたはテレビをどのように視ていますか? 」は、その後しばらく会う人ごとに聞く、私のおもしろいテーマとなった。

きっかけをつくった私のスタッフを含めて、デザイナーの卵たちが、将来プロダクトデザイナーとして、新しいテレビをデザインするとき、あるいは家具デザイナーとしてソファを設計するとき、この問いが活きてくる。ソファって何だろう。テレビって何だろう。このような普通の疑問のなかに、じつは大切な答えが潜んでいる。私たちは何でも知ったかぶりをしていることが多い。自分の毎日が他人の毎日と同じかどうか。差異を見つけたり、共感したりしてデザインの新しい解決を見つけ出すことができる。

建築家スタルクのデザインするテレビに、ごろっと横に倒して視ることのできるユニークなテレビがあった。またソファでも、スタルクはおもしろいデザインを残している。「24時間ソファ」のコンセプトでデザインされたソファは、居間と寝室と書斎を兼ねる。ひじ掛け部分に小型テレビを載せたり書き物ができるテーブルを、背もたれ部分には照明と小物置き棚がつく。コーヒーを飲みながら本を読んだり、暗くなれば照明もつけて。そして眠くなれば、そのまま横になって休むこともできる「なんでもソファ」。ソファってなんだろう? の問いに応える、お手本となる一級のアイデアと技を、スタルクのソファに視た。

タイポグラフィックス・ティー 第240号 再録
発行:NPO法人 日本タイポグラフィ協会


essay02
フィリップ・スタルクのデザインによる「レイジーワーキングソファ」
休息、仕事、食事、睡眠など...人間の様々な行動・姿勢が想定されている
写真提供:カッシーナ・イクスシー社

資料.........Follett Publishing Company "Sears,Roebuck & Co." 1908 Catalogue
資料.........Dover Publications, Inc."Montgomery Ward & Co." 1895 Catalogue
資料.........平凡社・大百科辞典

 

next